サクソバンクFX証券 SaxoBankFX証券 約定能力 約定力 約定拒否 スリッページ

サクソバンクFX証券 SaxoBankFX証券 約定力 約定能力

FX初心者の方や、FXデイトレーダーの方は「スプレッド」「手数料無料」などを重視しがちですが、いくら見た目のスプレッドが狭くても、注文すると不利なレートで約定する「スリッページ(滑り)」が発生したり、注文自体が拒否されてしまう「約定拒否」が多ければ、意味がありません。

手数料が0円でスプレッドが狭くても、約定率が低く注文が通らなければFXで利益は出ないのですから。

その点、サクソバンクFX証券 SaxoBankFX証券は、数々の賞を受賞しているFX取引ツール「SAXOTRADER」、高い約定力、万が一の時も万全な強固なシステムなど、取引環境を快適にすることに重点を置いているFX業者です。

サクソバンクFX証券なら、経済指標 重要指標発表時といった注文が集中する時でも、スリッページや注文拒否が発生せず、サクサクと注文が通ります。FX 約定能力 比較

サクソバンクFXの約定力(約定能力)はFX業界最高クラス

サクソバンクFX証券は他のFX業者と比較して約定力が非常に高いので、スリッページが発生する事が無く、提示レートで即約定するので狙った為替レートでFX取引が出来ます。

数分でトレードを完結するスキャルピングや、一日数回取引するデイトレードでは、狙ったタイミング通りにエントリーでき、決済できる事が非常に重要です。

システムが安定していて、約定力が高いサクソバンクFX証券は、メインのFX口座として使うのには申し分のない取引環境と言えます。

サクソバンクFXよりスプレッドの狭いFX業者は、スリッページにより実際はスプレッドが広い事も

FX スリッページ 滑り

サクソバンクFX証券はシステムに大金を投じている分、最近の低スプレッドFX業者に比べるとスプレッドはやや広めです。

最も、サクソバンクFX証券 Saxo Bank FX証券よりもスプレッドの狭い「スプレッド0.5銭や1銭固定」といったFX会社はあるものの、そういったFX業者は、指定したレートよりも不利な方向にすべって約定する通称「クルクル詐欺」と呼ばれる特殊なスリッページ現象が発生する事が多く、公表されているスプレッドよりも実際はスプレッドが大きい会社が多々あるので、約定力が高くスリッページの少ないサクソバンクFX証券は、それらのFX会社より狭いスプレッドと言っても良いでしょう。
FX 約定能力 比較

サクソバンクFX証券では、世界中のトレーダーから売買注文を受け付け、多数の欧米大手銀行からも流動性を確保している世界有数のFX業者なので、大口注文・大口取引・大ロット注文でもズバ抜けた高い約定力が可能となっています。


サクソバンクFX 約定能力 約定力 ← 関連記事を全て表示します。表示内容は画面右のメニューと同じです。

サクソバンクFX証券 SaxoBankFX証券 証券CFD 評判(トップに戻る)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。